【1日97円で冷水・温水も◎】「浄水型ウォーターサーバー」がコスパ良し!

カルディで買える?強カフェイン入りの軍用チョコ「ショカコーラ」とは

カルディで買える?強カフェイン入りの軍用チョコ「ショカコーラ」とは

今回は、ドイツ生まれの〝曰(いわ)く付き〟のチョコレート『ショカコーラ(SCHO-KA-KOLA)』をご紹介。

覚醒成分であるカフェインが極度に多く含まれていることから、第二次世界大戦中には軍用チョコレートとしても使われた歴史を持つ、カルト感ただようチョコレート。

ぜひチェックしてみてくださいね。

ドイツ生まれのチョコレート「ショカコーラ」とは

『ショカコーラ(SCHO-KA-KOLA)』とは、強いカフェイン成分やコーラナッツ(カフェインが含有されたナッツ)が含まれる、ドイツ生まれのビターチョコレート。

通常のチョコレートよりもカフェイン含有量が多いことが特徴で、たとえば「明治ミルクチョコレート」の100gあたりのカフェイン含有量が約30mgなのに対し、『ショカコーラ』には100gあたり200mgも含まれています。

「明治ミルクチョコレート」の6倍以上です…。

ドイツ生まれの強カフェイン入チョコ「ショカコーラ」とは

ちなみに、200mg(100gあたり)というカフェイン含有率は、エナジードリンク「レッドブル(RedBull)」の約7倍です。

以下、コーヒーやエナジードリンクとのカフェイン含有率の比較です。

商品名 カフェイン含有量/100g
ショカコーラ 200mg
レッドブル 30mg
モンスターエナジードリンク 36mg
コーヒー 60mg

「ショカコーラ」が圧倒的です。

「ショカコーラ」の歴史

『ショカコーラ(SCHO-KA-KOLA)』の語源は、ドイツ語で「Schokolade(チョコレート)」+「Kafee(カフェイン)」+「Kolanuss(コーラナッツ)」の3つの単語の組み合わせです。

初めて製造されたのは1935年とされています。

翌年の1936年には、この年に開催された〝ベルリンオリンピック〟で選手のパフォーマンスを向上させるための「スポーツチョコレート」として正式に導入。

1936年 ベルリンオリンピックの聖火リレーの様子(出典:wikipedia

ドイツの都市・ハノーファーのチョコレートメーカー「B. Sprengel & Co.」などによって製造されました。

第二次世界大戦では軍用チョコレートとして採用

アスリート用のチョコレートとして販売されていた『ショカコーラ(SCHO-KA-KOLA)』ですが、第二次世界大戦が始まると〝レーション(戦闘糧食)〟として用いられるようになります。

最初は、夜間爆撃任務を課されたドイツ空軍のパイロットと乗組員に「Aviator Chocolate(空軍用チョコレート)」として配給されました。

〝フラクトゥール書体〟のロゴが描かれた初期の小缶

第二次世界大戦時までに販売されたショカコーラのロゴには、〝フラクトゥール書体〟というドイツの歴史的なフォントが使われています。

別名〝ひげ文字〟などとも呼ばれ、文字の末端に癖があるのが特徴です。

フラクトゥール書体(出典:wikipedia

ドイツではこの時期、ナチスにより正式なドイツ語の書体として採用されました。

(終戦後、ナチスを彷彿とさせることから、旧式のフラクトゥール書体はドイツの新聞や書籍には使用されなくなりました)

下の1938年製のショカコーラの缶にも旧式のフラクトゥール書体で「SCHO-KA-KOLA」と印字されています。

1938年製のショカコーラの小缶(出典:aboutww2militaria.com

ちなみに缶の下部に印字されている「DIE STARKENDE SCHOKOLADE」は、〝強化用のチョコレート〟という意味。

こうした第二次世界大戦以前に販売された『ショカコーラ』の古い小缶は、一部のマニアの間で高額でトレードされています。

現在(※2021年1月時点)では、高いものは430€(約54,000円)もの値が付けられています。

〝WEHERMACHT-PACKING(ドイツ国防軍用パッケージ)〟と印字された小缶(出典:aboutww2militaria.com

大戦下では〝勇気を尊重する行為〟として捕虜にも与えられた

大戦初期には空軍用のレーションとして与えられていたショカコーラですが、他のドイツ軍にも支給されるようになります。

とくに戦局が悪化したときに、軍人を奮い立たせるために配られたとされています。

また、ドイツ軍に限らず、捕虜にされた敵国のアメリカ軍人にも〝勇気をたたえる行為〟として配布されることがあったようです。

現在はドイツの貿易会社によって世界に流通!

ドイツの貿易会社「Genuport」のHPのスクリーンショット(出典:genuport.de

現在は、ドイツの貿易会社『Genuport』社が権利を取得しており、子会社がショカコーラの製造を請け負っています。

赤い容器に入った「ダークチョコレート」と青い容器に入った「ミルクチョコレート」の2つが展開されています。

ちなみに日本では、三菱食品によって国内に流通されています。

「ショカコーラ」はamazonやカルディで買える?

こちらでは、国内での販売状況をご紹介します。

KALDI COFFEE FARM(カルディ コーヒー ファーム)

(出典:bg-mania.jp

2021年1月時点では、KALDI(カルディ)でショカコーラは販売されています。

赤(ビター)・青(ミルク)両種取り扱いがあるので、ぜひお近くの店舗でチェックしてみてくださいね。

amazon

amazonでも、赤(ビター)・青(ミルク)の両種の取り扱いがあります。

とくに赤(ビター)は、Amazon’s Choiceに選ばれるほどの人気ぶり。

2021年1月現在では、567個もの評価がついて☆4.5です。

下のリンク先よりぜひチェックしてみてくださいね。


いかがでしたか?

ドイツの歴史と深く関係のある強カフェイン入りのチョコレート『ショカコーラ(SCHO-KA-KOLA)』をご紹介しました。

KALDI(カルディ)やamazonで気軽に購入できるので、ぜひチェックしてみてくださいね。