〝もっと早く出逢いたかった…〟『カットできるバターケース』が便利すぎる!

カルディで買える? 「マーマイト」の味や食べ方、栄養素についてご紹介

カルディで買える? 「マーマイト」の味や食べ方、栄養素についてご紹介

黄色いふたと球根状の瓶が特徴の、不思議な食品「マーマイト(MARMITE)」

口にしたことはないけれど、パッケージを目にしたことがあったり、なんとなく〝マーマイト〟という言葉に耳覚えがある人もいるはず。

今回は、イギリス生まれの謎の食品「マーマイト(MARMITE)」について、歴史や味、食べ方、販売店などをご紹介します。

「マーマイト(MARMITE)」とは? 味や栄養素について

「マーマイト(MARMITE)」とは、ビールの製造過程でできるビール酵母の沈殿物を主原料とし、栄養素ビタミンBを多く含むイギリス発祥の発酵食品。

色はチョコレートのような茶色で、ピーナツクリームのような強い粘りが特徴です。

食べ方は、詳しくは以下でご紹介しますが、トーストに塗って食されるのが一般的。

「マーマイト(Marmite)」てどんな味?

他にあまり似たような食品がないため、「味を表現するのが難しい…」「食べてみないと分からない…」などと言われることも。

強いて表現するなら、味噌や醤油のような強い塩味があり、ビール酵母が含まれているため苦味もあります

日本に限らず、アメリカでも賛否両論わかれる食品。

単体で口にすると「ちょっと…」という人が多いようですが、使い方次第では「美味しい」という声も。

なかには、味や香りを〝縁日の屋台のトウモロコシに塗った、こげた醤油(引用:amazonと表現している口コミも。

ですが、百聞は一食にしかず、です。

日本ではamazonで販売されていますので、気になった方はぜひ実食して味を表現してみてください。

どんな栄養素が入ってる?

世界で販売されている「マーマイト(MARMITE)」は、国によって成分が異なっている場合も。

上でご紹介した日本のamazonでは、英国版のマーマイトが販売されています。

英国版のマーマイトには、上の画像のように「リボフラビン」「葉酸」「ビタミンB12」などが含まれます。

栄養素の詳しい説明は専門の記事にゆずりますが、イギリスやニュージーランド、オーストラリアなどでは、健康やベジタリアン向けの文脈で消費されることもあります。

日本では、栄養強化食品や健康食品として消費されることはほとんどなく、〝イギリス発祥の変わった食べ物〟として好奇心で購入されるのが一般的なようです。

「マーマイト(MARMITE)」の歴史

ビールの製造過程でできるビール酵母の沈殿物食べる風習は、19世紀からあったとされます。

ですが、それを瓶に詰め、正式に「マーマイト(MARMITE)」として売り出されるようになったのは1902年のこと。

1920年代から瓶の形が変わっていない

1902年にイギリスのスタッフォードシャー州に設立されたマーマイト・フード・エクストラクト社により、製造・販売が開始されます。

マーマイト・フード・エクストラクト社の外観(出典:marmitemuseum.co.uk

発売から1920年代までは、以下のような白い陶器の壺(つぼ)で販売されていました。

1920年代まで販売されていたマーマイト(出典:marmitemuseum.co.uk

1920年代に入って、茶色い球根状のガラス瓶が開発され、現在にいたるまでほぼ同じデザインで販売され続けています。

透明ではなく茶色いガラス瓶で遮光されているのは、光にさらされることでマーマイトの主成分であるビタミンBの一部が破壊されてしまうためです。

賛否両論の激しさを逆手にとった広告

当初から賛否両論の激しかった「マーマイト(MARMITE)」。

〝好き〟〝嫌い〟が極端にわかれることを逆手に取り、1990年代には、『My mate MARMITE、I hate MARMITE.(マーマイト大好き、マーマイト大嫌い)』などのキャッチコピーで、戦略的に話題作りが行われました。

こちらは、1997年に放送されていた実際のテレビCMです。

また、当初はマーマイト・フード・エクストラクト社により製造・販売が行われていましたが、買収や合併を経て、現在は世界最大の一般消費材メーカーであるユニリーバ社(Unilever)により世界で展開されています。

「マーマイト(MARMITE)」の食べ方・レシピ

トーストに塗ったマーマイト(出典:heart.co.uk

マーマイトの一般的な食べ方やレシピは、シンプルにトーストする前後の食パンやクラッカーに塗る、というものです。

ただ、単体で食べるには塩気が強すぎるのと、そのままでは粘り気が強くて薄く伸ばすことが難しいため、バターやマーガリン、クリームチーズと併せて塗られることも多いようです。

クリームチーズ(ソフトチーズ)+マーマイト(出典:studenteats.co.uk

バターやマーガリンの油分と混ざることで、口当たりがマイルドになって食べやすくなります。

この他、調味料として使われるなど、各国で独自のレシピが考案され定着しています。

「マーマイト(MARMITE)」はカルディで買える?

(出典:bg-mania.jp

2021年1月時点では、KALDI COFFEE FARM(カルディ コーヒー ファーム)にてマーマイトが販売されています。

お近くのカルディでぜひ探してみてください。

また、上でご紹介したようにamazonで購入することもできます。

2021年1月時点では、255個の評価がついて、なんと☆4.4。

〝好き〟〝嫌い〟がわかれる商品にしては、高評価です。


以上、イギリス発祥のビール酵母の沈殿物から作られた少しマニアックな食品「マーマイト(MARMITE)」をご紹介しました。

ぜひチェックしてみてくださいね。