お菓子とお土産品で、◎な体験を。

アーモンドプードルとは? 使い方や効果、代用品の解説

アーモンドプードル

アーモンドプードルについて、意味やお菓子作りでの使い方、効果、代用品などをご説明いたします。

目次

アーモンドプードル(アーモンドパウダー)とは

アーモンドプードルとは、アーモンドを砕いて粉末状にしたものです。主にお菓子作りの基本素材として、クッキーやタルト、マカロン、ダックワーズなど焼き菓子の生地に混ぜ込んで使用されます。

フランス語でpoudre(プードル)は、粉や粉末の意味です。製菓用語でよく使われるフランス語ではアーモンドプードル、英語ではアーモンドパウダーで、どちらも同じものを指します。

アーモンドプードルの使い方と効果

アーモンドプードルは、小麦粉の何割かを置き換えて使用します。小麦粉全体のうち、20~30%程度を置き換えるのが一般的です。

また、アーモンドプードルを使うメリットは以下の2つです。

  • 生地にアーモンドの風味とコクをプラスできる
  • グルテンの量を下げることができる

アーモンドプードルを加えることで、生地にアーモンドの風味とコクがプラスされます。

加えて、グルテンフリーのアーモンドプードルを使用することで、生地全体のグルテン量を減らすことができます。

アーモンドプードルには「皮なし」「皮付き」の2種類がある

【皮なし】アーモンドプードルの特徴

出典:store.ponparemall.com

皮なしのアーモンドプードルは、乳白色をしていて粒子が細かいのが特徴です。また色が薄いので、仕上がりの生地の色に影響を及ぼしにくいです。

マカロンラングドシャのように表面の凹凸が少ないお菓子作りに向いています。

フィナンシェやダックワーズでは、皮なしのアーモンドプードルを使うときめの細かい繊細な仕上がりになります。

【皮付き】アーモンドプードルの特徴

出典:store.ponparemall.com

皮付きのアーモンドプードルは、皮付きのアーモンドを粉砕しているため、粒子が粗く香ばしい風味がするのが特徴です。

パウダーの中に皮のつぶつぶが点在していて、生地に練り込んだときに食感がしっかりと出ます。

フィナンシェやダックワーズに使用すると、香ばしくコクの強いものに仕上がります。

アーモンドプードルの代用品

お菓子作りをするときに、アーモンドプードルがない場合も少なくないはず。

そんなときは、以下のもので代用できます。

  • きな粉
  • コーンスターチ
  • すりごま
  • おからパウダー
  • カシューナッツの粉…etc

アーモンドプードルは、生地に風味やコクをプラスするためのものですから、素材自体に風味のあるものを選ぶと良いでしょう。

とくにきな粉は、フィナンシェやパウンドケーキ、スノーボール、ダックワーズなど、幅広い焼き菓子で代用できますし、ご家庭に常備している方も少なくないはずなので融通が効きます。

また、きな粉+ごまなど複数のパウダー状素材を混ぜて代用するのも◎です。

いかがでしたか?

ご家庭で焼き菓子を作られる際に参考にしてみてくださいね。