【期間限定】今日は何が安い…?Amazonの日替わり〝タイムセール商品〟一覧

【2022年最新】定番人気の「爪とぎポール(猫用)」・おすすめ8選

定番人気の「爪とぎポール(猫用)」・おすすめ8選

爪とぎポール(猫用)」があると、愛猫が遊び感覚で爪をとぐことができます。

研ぎ応えのある素材で作られていて、愛猫のストレス発散にもなるため、家具や壁を傷つけてしまう問題が解消されるかも。

安いものなら¥2,000前後〜購入できます。

こちらでは、コストパフォーマンスや口コミ、売れ行きなどからおすすめの「爪とぎポール(猫用)」を8つ厳選してご紹介します

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

1.ottostyle.jp 猫爪とぎポール

まずは、太くて安定感のある「爪とぎポール(猫用)」。

直径約20×高さ122cmと太いため、両手でがっしり掴んで思い切り爪とぎができます。

安定感も高く倒れにくいので、ポールを登って頂上で休むこともできます。

全面に縄が巻かれているため、360°どこからでも使用できます。

好きな位置に取り付けできるハンモックにより、くつろいで過ごすスペースが確保できます。

またネジの先端が床に当たらない設計なので、床を傷つけることなく使用できます。

とくにamazonで人気が高く、口コミが342件寄せられ、評価は平均☆4.2を獲得しています。(2022年2月時点)

価格は、2022年2月時点では、amazonで¥6,700(送料無料)で販売されています

愛猫が思い切り爪をとぐことができ、ハンモックや頂上でも遊ぶこともできるので、「爪とぎポール(猫用)」をさがしている方でとくべつこだわりがない場合はこちらを選んでまず失敗はありません

口コミでは、

多頭飼いですがポールが太いのでみんなで爪研ぎが楽々できますし、ポールの上にも乗れるので乗って窓の外を見たりしてます。

(出典:amazon)

太いので安定します。

(出典:amazon)

2匹合わせて10Kg超ですが、2匹同時に登っても安定してます。

(出典:amazon)

と、安定感がありポールの上に登れることや、太さがあるので数匹が同時に使える点などが好評です。

こちらからチェックしてみてくださいね。

2.PAWZ Road 爪とぎポール

続いては、コンパクトサイズの「爪とぎポール(猫用)」。

横30×縦30×高さ54cmで省スペースで使用できるので、廊下やベランダに置くことができます。

ポールはスペアが付属されていて、劣化や汚れが気になるとすぐに取り替えることができます。

また底には滑り止めが付いていて、揺れにくくポールが倒れにくいです。

素材は、サイザル麻と柔らかいフランネルが使われていて、やさしい肌触りが特徴。

愛猫を傷つける心配がなく、安心して使い続けることができます。

価格は、2022年2月時点では、amazonで¥2,480(送料無料)で販売されています。

口コミでは、

コンパクトでいいです!

(出典:amazon)

以前使っていたものは、パーツの取り替えができないものでした。

これは、交換できるし、高さも十分あり、初日からパリパリ使ってくれてます。

(出典:amazon)

取り替え用もついててよかったです。

(出典:amazon)

と、コンパクトで場所をとらないことや、ポールのスペアが付いている点が好評です。

こちらからチェックしてみてくださいね。


3.Pettom つめとぎ キャットポール

続いては、安定感のある台座付きの「爪とぎポール(猫用)」。

台座の面積は38.5×38.5cmと広く、体の大きな愛猫でもゆったりと過ごせます。

ふわふわした素材が使われており、肌触りがよく、お昼寝するのに最適。

独特の臭いのない麻縄で巻かれているので、リビングやキッチンのそばでも安心して設置できます。

価格は、2022年2月時点では、amazonで¥2,880で販売されています。

口コミでは、

柱の下に四角の板が付いているから、倒れないんです。

(出典:amazon)

ちゃんと麻巻きで良いと思います。

(出典:amazon)

大型の猫ちゃんに丁度良い

(出典:amazon)

と、安定感の高い台座や、麻縄巻きで研ぎ心地がよいことが好評です。

こちらからチェックしてみてくださいね。

4.ミュー 爪とぎ ガリガリポール

こちらは、段ボール製の「爪とぎポール(猫用)」。

目の細かい段ボールに爪をひっかけられるシンプルな構造。

硬めの素材なので、研ぎ応えがあるだけでなく、紙くずが出にくいです。

ポールが2本に分かれているため、とぎ部分の使用状況に合わせて上下を交換できます。

また新しいものと取り換えることもできるので、長く使い続けられます。

価格は、2022年2月時点では、amazonで¥2,470(送料無料)で販売されています。

口コミでは、

前に使っていた物より段ボールが密なので、研ぎごたえがあるし、クズが出にくいことで飼い主も助かってます。

(出典:amazon)

ポール部分は上半分と下半分を入れ替えることもできますし、ボロボロになったらレフィルもあるので飼い主としても使いやすいです。

(出典:amazon)

取り換えパーツが別途購入出来るのもありがたい。

(出典:amazon)

と、目の細かい段ボールで紙くずが出にくいことや、ポールの上下を入れ替えできる点が好評です。

こちらからチェックしてみてくださいね。


5.キャティーマン ハッスルスクラッチ

こちらは、カーペット素材の「爪とぎポール(猫用)」。

布で作られているのため、ホコリや研ぎかすが出にくく、掃除する手間がかかりません。

落ち着いた色味で、洋室・和室を問わずインテリアに馴染みます。

横置きはもちろん、テーブルや椅子の脚に取り付けて縦置きもできます

愛猫にとって、研ぎやすいスタイルに合わせられるストレスフリーな設計です。

価格は、2022年2月時点では、amazonで¥1,280で販売されています。

口コミでは、

縦型にも横型にも置けるのも良い

(出典:amazon)

これを置くようになったら、ソファなどで爪とぎが減りました。

(中略)

カーペット生地が良いのだと思います。

(出典:amazon)

と、縦横どちらにも置けることや、カーペット生地が心地よい点が好評です。

こちらからチェックしてみてくださいね。

6.爪とぎポール 小型キャットタワー

続いては、おもちゃと爪とぎがセットになった「爪とぎポール(猫用)」。

木製の土台は、くるくると玉を転がして遊べるようになっています。

全体的に丸みを帯びたやさしい作りで、愛猫の手足を傷つける心配がありません。

天然サイザル麻で作られたポールは、ガシガシと研ぐことのできる満足度の高い仕上がり。

そのため、ソファなど家具を爪とぎ代わりにしてぼろぼろにする問題が解消されます。

価格は、2022年2月時点では、楽天で¥2,980で販売されています

口コミでは、

猫たちが好きなボール遊びと爪とぎポールが一緒なので喜んで使っています。

(出典:楽天)

1人遊びも爪とぎもポールもよく使ってくれて満足しています。

(出典:楽天)

と、遊びながら爪とぎもできるところが好評です。

こちらからチェックしてみてくださいね。


7.PAWZ Road キャットタワー サボテン型

こちらは、小型でサボテンがモチーフの「爪とぎポール(猫用)」。

高さ53×奥行32cmと小さいため、狭いスペースでも圧迫感なく設置できます。

サイザル麻と黄麻の2種類の異素材が組み合わさっているので、好みの触り心地を愛猫自身が選べるようになっています。

どちらも天然素材で、長時間の使用しても安心です。

底面は、上画像のようにふかふか生地を巻き込んでいて、引きずっても床にキズがつく心配がありません。

価格は、2022年2月時点では、amazonで

で販売されています。

口コミでは、

土台の裏側の縁にもモフモフな生地があるので、フローリングも傷つかない点が気に入ってます。

(出典:amazon)

部屋のオブジェにもなります

(出典:amazon)

と、ユニークなデザインや、床を傷つけない底面の仕様が好評です。

こちらからチェックしてみてくださいね。

8.ながーいロングサイズ 爪とぎキャットポール

最後は、ロングサイズの「爪とぎポール(猫用)」。

高さが78cmあるので、からだの大きな猫でも立った状態で爪を研ぐことができます。

直径は9.5cmあり、ずっしりとした作りなので、そう簡単には倒れません。

麻縄を全面に巻きつけていて、広い範囲で使用できます。

上画像のように、ミルキーベージュの生地に、エンブレムが付いた上品なデザインです。

価格は、2022年2月時点では、楽天で¥2,990で販売されています。

口コミでは、

大きいので存在感はあるけどデザインがシンプルなので部屋に馴染みやすい

(出典:楽天)

ノルウェージャンの大きめの子ですが体伸ばして気持ちよさそうに爪とぎしてます

(出典:楽天)

と、身体の大きな愛猫でも使いやすいロングタイプの点や、部屋になじむシンプルなデザインが好評です。

こちらからチェックしてみてくださいね。



いかがでしたか。

場所をとらないコンパクトさいずのものや、おもちゃ付きのもの、太さや長さのあるタイプなど、さまざまな製品が展開されています。

ぜひ、使い勝手のよい「爪とぎポール(猫用)」を見つけてみてくださいね。