〝もっと早く出逢いたかった…〟『カットできるバターケース』が便利すぎる!

【2021年最新】ドンキで買える? 定番人気の「ポップコーンメーカー」・おすすめ8選

ドンキで買える? 定番人気の「ポップコーンメーカー」・おすすめ8選

火を使わず、家庭でも安全&簡単にポップコーンを作ることができる「ポップコーンメーカー」。

電子レンジで調理できるものや、作った後にそのままお皿として使えるもの、丸洗いできる衛生的なものなど、各メーカーからさまざまな製品が登場しています。

こちらでは、コストパフォーマンスや口コミ、売れ行きなどからおすすめの「ポップコーンメーカー」を8つ厳選してご紹介

あわせて、ドンキホーテでの販売情報も調べてみました。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

「ポップコーンメーカー」はドン・キホーテ(ドンキ)で買える?

2021年11月時点では、ドンキホーテでは下でもご紹介する『D-STYLIST ポップコーンメーカー』が販売されているという情報が見つかりました。

作り方はとても簡単で、メジャーカップすりきり一杯のコーンを入れ、電源スイッチを入れるだけ

しばらくすると容器の中でポップコーンが弾けます。

油を使わないため、ヘルシーです。

ドンキホーテの他には、Amazon楽天でも購入できます。
(※2021年11月時点では、楽天での購入がお得です。)

詳細はこちらからチェックしてみてくださいね。

また以下では、コストパフォーマンスや売れ行きなどから定番人気の「ポップコーンメーカー」をおすすめ順にご紹介しています。

とくべつドンキホーテでの購入にこだわりがない方は、あわせてチェックしてみてくださいね。


定番人気のおすすめ「ポップコーンメーカー」・8選

1.D-STYLIST ポップコーンメーカー

まずは、コンパクト設計の「ポップコーンメーカー」。

幅約11.5cm×奥行き約17.5cmで、場所をとらずに使用・収納ができます。

コーンを入れ、スイッチひとつでそのまま完成する手軽さが魅力◎

使用後に布でサッと拭くだけで、お手入れも簡単にできます。

とくに楽天で人気が高く、口コミが339件寄せられ、評価は平均☆4.32。(2021年11月時点)

価格は、2021年11月時点では、楽天で¥1,980で販売されています。

スイッチひとつで手軽にポップコーンが作れますし、手入れもしやすく、価格もお手頃ですから、「ポップコーンメーカー」をさがしている方でとくべつこだわりのない場合は、こちらを選んでまず失敗はありません

口コミでは、

スイッチを入れてあっという間に出来上がります。

(出典:楽天)

コンパクトで使いやすい。

出来上がりの量もちょうどよかった。

(出典:楽天)

後片付けも楽で重宝しそうです。

(出典:楽天)

と、操作が簡単な点や、コンパクトで手入れもしやすい点がとくに好評です。

こちらからチェックしてみてくださいね。

2.エスアイエス(SIS) ポップコーンメーカー

続いては、映画館にある〝あれ〟のようなお洒落なディスプレイの「ポップコーンメーカー」。

看板の部分がライトアップ式になっていて、ポップコーンを美味しそうに照らしてくれます。

専用軽量スプーンが付いていて、誰でも分量を間違えずに使うことができます。

約4分で完成するので、食べたいときにサッと作れるのも魅力◎

とくにamazonで人気が高く、口コミが199件寄せられ、評価は平均☆4.3です。(2021年11月時点)

価格は、2021年11月時点では、amazonで¥8,991(送料無料)で販売されています。

口コミでは、

3−4分くらいであっという間にポップコーンが出来上がるのですごく楽です!

(出典:amazon)

思っていた以上にライトもついて本格的です。

(出典:amazon)

存在感もあり、パーティ感も醸し出せて、しかも調理が簡単です。

(出典:amazon)

と、ポップコーンが映えるお洒落なデザインや、短時間で簡単に完成する点が好評です。

こちらからチェックしてみてくださいね。


3.ミナトワークス ポップコーンメーカー

続いては、ホットプレート式の「ポップコーンメーカー」。

油を使って、香ばしい風味に仕上げることができます

また風味だけでなく、蒸気穴のあいた蓋により、カリッとした食感に仕上がります。

完成後は、ボウルキャップをひっくり返すとお皿代わりに使うことができて便利。

蓋やカバーは取り外しできるため、後片付けも簡単です。

価格は、2021年11月時点では、amazonで¥5,180(送料無料)で販売されています。

口コミでは、

ホットプレートでポップコーンを作る仕組みで、上手に出来上がります。

(出典:amazon)

油もしけて味も染みやすく、美味しく出来ます。

(出典:amazon)

片付けもラクで音もそこまで気になりません!

(出典:amazon)

と、カリッと香ばしく仕上がる点や、後片付けが簡単な点が好評です。

こちらからチェックしてみてくださいね。

4.maruhiro ポップコーンメーカー

続いては、シリコン製の「ポップコーンメーカー」。

柔らかい素材で折りたためるため、場所をとらずに収納できます。

また、280gと軽量で、丸洗いすることができます

電子レンジを使ってノンオイルで美味しく仕上げることができます。

50gの目安線が引かれているので、計量がしやすいことも特徴。

最大70gの大容量なので、大人数で食べるときにも活躍してくれます。

価格は、2021年11月時点では、amazonで¥1,500で販売されています。

口コミでは、

全体がブヨブヨしたシリコン製なので丸洗いで簡単に洗って繰り返し使えます

(出典:amazon)

良かった点は、小学生の上の子が1人で作れる・そのままテーブルに出せる・使わない時はたためる事です。

(出典:amazon)

使わない時は折りたたんでしまっておけるので保管にも困らない。

(出典:amazon)

と、電子レンジで簡単に作れることや、収納や手入れがしやすいことが好評です。

こちらからチェックしてみてくださいね。


5.マイヤー(Meyer) レンジでポップコーン

続いては、耐熱ガラス製の「ポップコーンメーカー」。

電子レンジで調理できます

取っ手が大きく取り出す際にも便利です。

シリコン製の蓋と一緒に丸洗いでき、清潔に使い続けられます。

1.7Lと容量が大きく、たくさんでき上がるので食べ応えがあります。

価格は、2021年11月時点では、amazonで¥1,255で販売されています。

口コミでは、

レンジで簡単にポップコーンを作る事ぎ出来ました。

(出典:amazon)

お手入れするにも手が入るので洗うのも楽

(出典:amazon)

と、電子レンジで調理が簡単なことや、手入れがしやすい点が好評です。

こちらからチェックしてみてくださいね。

6.ハック(Hac) ポップコーン メーカー

続いては、ミニサイズの「ポップコーンメーカー」。

幅10cmとスリムなので、狭いスペースでもすっきり収まります。

少量タイプで、小さなお子さまのおやつを作ったり、ちょっと小腹が空いたときにも便利です。

コンセント式なので、電池の減りを気にせず使えます。

また、飛び散り防止のカバー付きで、安全面にも配慮されています。

価格は、通常¥2,155のところ、2021年11月時点では、amazonで¥1,800で販売されています。

口コミでは、

一人で使用するなら特に問題はなく、ちょっと食べたくなったなーって時に使う程度なら買いだと思います。

(出典:amazon)

コンパクトで働き者です。

(出典:amazon)

と、少量で食べやすいサイズ作れることや、コンパクトで場所をとらない点が好評です。

こちらからチェックしてみてくださいね。


7.曙産業 ポップコーンメーカー

続いては、スプーンや容器がセットになった「ポップコーンメーカー」。

受け容器をそのままお皿として使用でき、収納時はスプーンやヘラを本体にセットしてすっきりまとまります。

パーツは全て分解して水洗いできるので、簡単にお手入れできます。

最大の魅力は、受け容器に調味料を入れておくことで、味にバリエーションをつけられること。

食洗機対応なので、色つきや匂いをしっかり落とせるので安心です。

価格は、通常¥2,200のところが、2021年11月時点では、amazonで¥1,045で販売されています。

口コミでは、

塩加減なども自分の好みで作れるところがいいですね。

(出典:amazon)

市販のものはキャラメルなどいろんな味が付いているものが多いので自分好みの味にできるのがお気に入りです。

(出典:amazon)

と、好みの味付けができる点が好評です。

こちらからチェックしてみてくださいね。

8.富士商 Felio(フェリオ) ポップコーンメーカー

最後は、コンパクトな「ポップコーンメーカー」。

直径13×高さ17cmで、少量のポップコーンを作りたいときにちょうどいいサイズです。

上部を折り込むと蓋になるので、セットも簡単。

そのまま電子レンジで加熱するだけで完成します。

シリコンで作られていて、平らに潰して収納できるのも便利なポイント◎

価格は、通常¥880のところ、2021年11月時点では、amazonで¥800で販売されています。

口コミでは、

食べたい時にちょうど良い量を作れるし折り畳めるので収納に困らない。

(出典:amazon)

一人分を作るには丁度良いサイズです。

(出典:amazon)

と、食べきりサイズを作れることや、折り畳んで収納できる点が好評です。

こちらからチェックしてみてくださいね。


いかがでしたか。

コンパクトで手入れがしやすいもの、ホットプレート式のもの、電子レンジで調理できるものなど、さまざまな「ポップコーンメーカー」が展開されています。

また、2021年11月時点では、ドンキホーテでも販売されています。

ぜひ、使い勝手のよい「ポップコーンメーカー」をぜひ見つけてみてくださいね。