【期間限定】今日は何が安い…?Amazonの日替わり〝タイムセール商品〟一覧

【2022年最新】定番人気の「半永久耐用の防草シート」・おすすめ8選

定番人気の「半永久耐用の防草シート」・おすすめ8選

雑草を防ぐ「防草シート」は、半永久耐用のものがおすすめ。

庭や経路などに敷くことで、雑草が生えてくるのを長期間にわたって防ぐことができます。

吹きさらしの環境下でも劣化しにくいものや、ハサミで自由にカットできるもの、カットサンプルが展開されているものなど、さまざまな製品が登場しています。

こちらでは、コストパフォーマンスや口コミ、売れ行きなどからおすすめの「半永久耐用の防草シート」を8つ厳選してご紹介

参考にしてみてくださいね。

1.NITTO SEKKO 防草シート 厚み0.43mm

まずは、防草効果の高い売れ筋の「半永久耐用の防草シート」。

素材はポリエステルです。

適度な硬さとしなやかさのある質感で、高い防草・防根効果を期待できます。

耐用年数は半永久(砂利などの下に敷いた場合)、暴露(むき出しの状態)でも10~13年と長く使用できます。

通気性と透水性にも優れており、植物の生育を妨げません。

また、ハサミやカッターで簡単にカットできます。

とくにamazonで人気が高く、2022年10月時点では、45件の口コミが入って評価は平均☆4.2です。

サイズは、1m×50m1m×10m2m×50mの他、素材を手元で確認できるカットサンプル(10×20cm)も展開されています。

それぞれの価格は、2022年10月時点では、amazonで、

で販売されています。

とにかく防草・防根効果が高い売れ筋商品ですから、「半永久耐用の防草シート」をさがしている方でとくべつこだわりのない場合は、こちらを選んでまず失敗はありません

口コミでは、

透水性に不安がありましたが、全く問題なく水たまりができる事はありませんでした。

非常にしっかりしており、耐久性がありそうです。

出典:amazon

安い!

この値段なら、満足してます。

素材も良いと思います

出典:amazon

カットしやすい

出典:amazon

と、簡単にカットでき、透水性、耐久性に優れている点が好評です。

こちらからチェックしてみてくださいね。

2.デュポン ザバーン 高耐久防草シート 240グリーン 厚さ0.64mm

続いては、口コミ評価が高く耐久性に優れた「半永久耐用の防草シート」。

米国の大手化学メーカー、デュポン社から展開されている、定番の防草シートです。

素材はポリプロピレン・4層スパンボンド不織布でつくられています。

0.64mmと厚手で太い繊維が使われているため、とても強度が高いです。

耐用年数は半永久暴露でも7~13年と、耐久性にも優れています。

また、親水性と耐候性にも優れており、雨水や液体肥料の浸透を妨げません。

環境に影響する化学物質が使われていないのもポイントです。

なお、サイズは、1m×30m2m×30mが展開されています。

それぞれの価格は、2022年10月時点では、amazonで、

で販売されています。

口コミでは、

効果抜群です

4月に敷いて2か月経ちましたが、草は生えてきません

出典:amazon

厚さが耐久性をものがたります

出典:amazon

と、厚みがあり、耐久性が高い点が評価されています。

こちらからチェックしてみてくださいね。


3.IKITECS 防草シート 厚さ0.6mm

続いては、比較的に安価で、水はけのよい「半永久耐用の防草シート」。

素材は、ポリプロピレン・不織布です。

特殊な形状の繊維が水はけを促し、雨水がたまりません。

また、カット面がほつれず、自由な形に切り取ることができます。

なお、伸び率(引っ張り強度)が高く、耐久性に優れているのも特徴◎

炎天下でも長く使用できます。

とくにamazonで人気が高くAmazonおすすめにも選ばれている売れ筋商品です。

価格は、通常¥2,080のところ、2022年10月時点では、amazonで¥1,890で販売されています

口コミでは、

ハサミ・カッターでカット出来、ほつれも無く使いやすいと思う。

劇的に草の成長を抑えることが出来ます。

出典:amazon

ハサミで簡単に切れるし、端がボサボサにならなくて良かったです。

出典:amazon

と、簡単にカットできることや、ほつれにくいことが好評です。

こちらからチェックしてみてくださいね。

4.防草シート 2022最新商品 PET素材 厚さ1.5mm

続いては、厚手の「半永久耐用の防草シート」。

素材は耐熱性・耐寒性に優れたPETが使われています。

熱処理が施されているため劣化しにくく、吹きさらしの環境でも長く使用できます

厚さは1.5mmもあり、カットしても端がほつれません。

丈夫な上に、浸水性や通気性も確保されているので、水が溜まる心配がありません。

なお、1本での単品販売の他、割安な2本3本10本セットも展開されています。

それぞれの価格は、2022年10月時点では、amazonで、

で販売されています。

こちらからチェックしてみてくださいね。


5.デュポン ザバーン 防草シート プランテックス240BB 厚さ0.64mm

続いては、自然なブラウンカラーの「半永久耐用の防草シート」。

こちらも、上でご紹介したザバーン240グリーンと同じく、デュポン社から展開されている、定番の防草シートです。

素材はポリプロピレン・4層スパンボンド不織布が使用されています。

砂利下での耐用年数は半永久で、耐久性に優れています。

また、ブラウンカラーで地面と馴染みやすいのも特徴◎

なお、写真付きの『敷き方マニュアル』が付属されているので、設置方法に不安がある方も安心です。

価格は、2022年10月時点では、amazonで¥5,940(送料無料)で販売されています

口コミでは、

穴などが空くこともなく丈夫です

出典:amazon

と、強度の高さが好評です。

こちらからチェックしてみてくださいね。

6.GreenGarden 防草シート 固定ピン50本・黒丸50枚付き

続いては、固定具が付属されている「半永久耐用の防草シート」。

素材はポリプロピレン・スパンボンド不織布です。

水を通しやすいエンボス加工が施されており、使うほど水に馴染み通水効果が向上します。

また、固定ピン50本と黒丸50枚が付属されているため、吹きさらしの環境下でも飛ばないようにしっかり固定することができます。

とくにamazonで人気が高く、口コミが21件寄せられ、評価は平均☆4.6。(2022年10月時点)

サイズは、1×10m1×20m1×30m1×50mが展開されています。

それぞれの価格は、2022年10月時点では、amazonで、

で販売されています。

口コミでは、

しっかりした見ためで、布感があり、艶消しの深緑の色合いも畑や庭にとけこんで良いと思います。

出典:amazon

丈夫な不織布ですがハサミ等で簡単に切断できる

出典:amazon

と、自然に溶け込む色合いや、丈夫ながらカットしやすい点が評価されています。

こちらからチェックしてみてくださいね。


7.NITTO SEKKO 防草シート グレー 砂利下専用 厚さ0.5mm

続いては、砂利下に使用するタイプの「半永久耐用の防草シート」。

素材は長繊維ポリエステル不織布が使用されています。

土壌の凸凹に馴染みやすく、浸透性や排水性に優れているのが特徴。

砂利やウッドチップの下に敷く防草シートの他、人工池などの濾過用フィルターとしても使用できます。

薄型&軽量で、ハサミやカッターで簡単にカットできます。

なお、サイズは、1m×50m2m×50mが展開されています。

それぞれの価格は、2022年10月時点では、amazonで、

で販売されています。

口コミでは、

カッターやハサミで切りやすく、作業性が上がりました

あとはとても軽くてびっくりしました。

出典:amazon

と、取り回しのしやすさが好評です。

こちらからチェックしてみてくださいね。

8.日本マタイ 超強力防草クロスシート

最後は、太陽光発電のスペースに適した「半永久耐用の防草シート」。

サイズは、1m×50m。

なお、耐候年数は約10年です。

遮光率の高い黒地に白いラインがデザインされていて、敷き詰める際の目印になります。

素材には耐候性強化ポリプロピレンが採用されていて、非常に強度が高く破れにくいです。

また、排水性にも優れていて水溜りの心配がありません。

価格は、2022年10月時点では、amazonで¥13,600(送料無料)で販売されています

口コミでは、

厚みがあってしっかりしてます。

出典:amazon

と、生地の厚みが好評です。

こちらからチェックしてみてくださいね。



いかがでしたか?

丈夫で破れにくいものや、軽量で取り回しが楽なもの、カットサンプルが展開されているものなど、さまざまな「半永久耐用の防草シート」が展開されています。

ぜひ、使い勝手のよい「半永久耐用の防草シート」を見つけてみてくださいね。