今日は何が安い…?Amazonの〝日替わりタイムセール商品〟一覧

【2022年最新】100均で買える?定番人気の「鉢底石ネット」・おすすめ12選

100均で買える?定番人気の「鉢底石ネット」・おすすめ8選

鉢植えやプランターの底に敷き詰める〝鉢底石〟用のネット「鉢底石ネット」。

鉢のサイズに合わせてカットできるネットや、小分けの鉢底石がネットに内包されているもの、網目が細かく害虫の侵入を防げるものなど、さまざまな製品が登場しています。

こちらでは、コストパフォーマンスや口コミ、売れ行きなどからおすすめの「鉢底石ネット」を12つ厳選してご紹介

あわせて、セリアやダイソーなど100均での販売情報も調べてみました。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

(※なお以下では、鉢底に敷く長方形のネットや、ネット付きの鉢底石も併せて「鉢底石ネット」としてご紹介しています)

「鉢底石ネット」は、セリアやダイソーなど100均で買える?

セリア(100均)

セリア(100均)では、『園芸用 鉢底ネット 2枚セット』が販売されています。

1枚あたりのサイズは、約20×30cmです。

植木鉢やプランターのサイズに合わせて、ハサミでカットして使用できます。

お近くのセリア(100均)や、詳細はこちらからチェックしてみてくださいね。

ダイソー(100均)

ダイソー(100均)では、『鉢底ネット 角型』が販売されています。

ダイソー(100均)鉢底ネット 角型(出典:jp.daisonet.com

20×30cmの角型で、3枚入です。

価格は¥110(税込)。

お近くのダイソー(100均)の店舗で探してみてくださいね。




また以下では、コストパフォーマンスや口コミから定番人気の「鉢底石ネット」を8つ厳選し、おすすめ順にご紹介しています。

とくべつセリアやダイソーなど100均の製品にこだわらない方は、参考にしてみてくださいね。

定番人気のおすすめ「鉢底石ネット」・8選

1.セフティー3 鉢底用ネット ロールタイプ カット可能 普通目 30×50cm

まずは、好きなサイズにカットできる「鉢底石ネット」。

自由な大きさにカットできるロールタイプです。

柔軟性がある一方で、ポリエチレン製で強度が高く、破れにくいのも特長。

ナメクジが入れない網目なので、害虫予防にも役立ちます。

とくにamazonで人気が高く、67件の口コミが入って評価は平均☆4.1です(2022年7月時点)。

価格は、2022年7月時点では、amazonで¥336で販売されています。

自由なサイズにカットでき、柔軟性と強度のバランスが良く、価格もお手頃ですから、鉢底に敷くネットタイプの「鉢底石ネット」をさがしている方でとくべつこだわりがない場合は、こちらを選んでまず失敗はありません

口コミでは、

カットし易く、大きさも単価的に安くて使い良い

出典:amazon

とても柔軟性があり扱い易い商品でした。

出典:amazon

ネットも大きいので大きな鉢にも使用で来るので大変いいと思います。

出典:amazon

と、サイズが大きいことや、柔軟性があること、カットしやすいことが好評です。

こちらからチェックしてみてくださいね。

2.イノセント 何度も使える鉢底の石 ネット入り 500ml×10袋

続いては、小分けの鉢底石がネットに入った「鉢底石ネット」。

下画像のように、ネットに入っていて、植え替えの際に土と分別しやすいです。

小分けタイプ(0.5L×10袋入)で、鉢のサイズに応じて並べる数を調節できます。

軽いため鉢底にたくさん敷いても、プランターが重くならず持ち運びやすいです。

とくにamazonで人気が高く、Amazon’s Choiceにも選ばれています。

サイズは、1袋2袋3袋が展開されています。

それぞれの価格は、2022年7月時点では、amazonで

で販売されています。

口コミでは、

こんな商品が欲しかった!!!

出典:amazon

ネットに入れた鉢底石は土と分離しやすいので重宝です。

出典:amazon

大きい鉢やプランターなら重量も減らせて運びやすくなります。

出典:amazon

と、土と分別しやすいことや、軽量で持ち運びやすい点が好評です。

こちらからチェックしてみてくださいね。


3.大和プラスチック 鉢底ネット ロール 50×100cm

続いては、大判サイズの「鉢底石ネット」。

鉢底のサイズや形状に合わせて切りとることができます。

細かい網目で、ナメクジや小さな害虫の侵入をシャットアウトすることができます。

サイズは、ロール3P5P10Pが展開されています。

それぞれの価格は、2022年7月時点では、amazonで

で販売されています。

口コミでは、

沢山、使うので、切って使えて、とても便利でお手頃ですね。

出典:amazon

大きな鉢とかプランターにいいです

自由に切って使えます

出典:amazon

と、たくさん切り分けられることや、大きな鉢植えにも対応できる点が好評です。

こちらからチェックしてみてくださいね。

4.アイリスオーヤマ デラックス鉢底の石ネット袋入り 1L

続いては、周りが汚れにくい「鉢底石ネット」。

幅18×高さ23.5cmのネットに入っています。

軽いので、植え付けや植え替えの作業もスムーズ。

サッと鉢を動かせて底に敷けるため、周りが汚れにくいのも魅力です。

水で洗って乾かすだけで、何度も再利用できます。

また、Amazon’s choiceに選抜されています。

価格は、2022年7月時点では、amazonで¥394で販売されています。

口コミでは、

凄く軽くて助かりました。

出典:amazon

軽いので、子供でも周りを汚さずに、鉢の底に敷くことができる点はとても良いです。

出典:amazon

軽くて扱いやすいです。

変に形が崩れる事なくいいです。

出典:amazon

と、非常に軽いことや、鉢底に敷きやすい点が好評です。

こちらからチェックしてみてくださいね。


5.コンパル 鉢底ネット 20×30cm 5枚組

続いては、土が流出しにくい「鉢底石ネット」。

網目が小さく、小さな害虫が入らないよう設計されています。

なお粒の細かい砂を含んだ土でも流出しにくいので安心。

下画像のように、鉢植えの大きさに合わせてカットできます。

5枚セットでお手頃価格なのも嬉しいポイント。

価格は、2022年7月時点では、amazonで¥693で販売されています。

口コミでは、

とっても使いやすい鉢底ネットです。

出典:楽天

5枚入れとお手頃価格で本当に助かり購入して良かったです。

出典:楽天

ハサミで簡単に自由な大きさに切れるので便利です。

出典:楽天

と、5枚入りで価格もお手頃なことや、自由にカットできる点が好評です。

こちらからチェックしてみてくださいね。

6.高儀 Sun Garden 鉢底ネット 荒目 10×30cm 2枚組

続いては、水はけがよい「鉢底石ネット」。

荒目タイプなので、通気性に優れています。

水はけがよく、水分が溜まって根腐れする心配がありません。

そのため、土の中に大きく根を張る植物を育てる際にもおすすめです。

また、材質は硬く、ねじれや変形を気にせず使えます。

価格は、2022年7月時点では、amazonで¥951で販売されています。

口コミでは、

荒めの用土の際に使用。

微塵が抜けやすくて良いです。

また購入すると思います。

出典:amazon

と、荒目で微塵が抜けやすい点が好評です。

こちらからチェックしてみてくださいね。


7.自然応用科学 ネット入り 鉢底に入れる石 500ml×10袋

続いては、取り剥がしやすい「鉢底石ネット」。

ネットを引っ張るだけで、根が巻き込んでいても手軽に剥がせます。

通気性があり、水はけも良好◎

分包タイプなので、保管する際も散らばる心配がありません。

価格は、2022年7月時点では、amazonで¥827で販売されています。

口コミでは、

小分けにネットに入れられているので、植え替える時にリサイクル出来ます!

とても便利で良いですよ!

出典:amazon

水はけも良くて、プランターのサイズにもピッタリ

出典:amazon

プランターの大きさや形によって、いくつ使うか調節出来る

出典:amazon

と、水はけのよさや、鉢の大きさによって個数を調整できる点が好評です。

こちらからチェックしてみてくださいね。

8.花ごころ アミ袋鉢底ネット 10袋

続いては、耐久性の高い「鉢底石ネット」。

やや硬くハリのある〝平織り構造〟で、頑丈に作られています。

根が入りにくく、破れにくいのも特長。

水洗いと乾燥で何度も使えるため、コストパフォーマンスが高いです。

価格は、2022年7月時点では、amazonで¥253で販売されています。

口コミでは、

ネットが結構強いし網目も細かいので根っこが入り込まず、何度も再利用出来ます!

出典:amazon

こちらはマチが無くて使い易いです。

出典:amazon

目が細かいのですが水はけはとても良いです。

出典:amazon

と、ネットの目の細かさや、マチのない作りが好評です。

こちらからチェックしてみてくださいね。


9.アイリスオーヤマ 鉢底石 加熱処理鉢底石 5L

続いては、軽石が加熱処理されている「鉢底石ネット」。

上でもご紹介した「アイリスオーヤマ デラックス鉢底の石ネット袋入り 1L」と同じアイリスオーヤマから販売されています。

鉢底に適度な隙間が保たれる構造です。

通気性が良好で、根腐れもしにくいです。

軽量なので吊り鉢やハンギングにも最適◎

軽石が加熱されていて清潔なため、室内の観葉植物にも使用できます。

こちらも、Amazon’s choiceに選ばれています

サイズは、5L10Lが展開されています。

それぞれの価格は、2022年7月時点では、amazonで

で販売されています。

口コミでは、

軽くて通気性の良いものだと感心しました。

出典:amazon

とにかく軽くて使いやすいです!!

出典:amazon

と、通気性のよさや、軽くて扱いやすい点が好評です。

こちらからチェックしてみてくださいね。

10.自然応用科学 酸素を供給する小さな鉢底石 ネット分包 50ml×6袋

続いては、ミニサイズの「鉢底石ネット」。

上でもご紹介した「自然応用科学 ネット入り 鉢底に入れる石 500ml×10袋」と同じ自然応用科学から販売されています。

15×9cmのコンパクトサイズです。

4号鉢(直径約12cm)の小さな鉢にもすっぽり収まります。

国産の丈夫なネットが使われていて、洗って繰り返し使用可能。

小粒で6袋入りなので、小さな鉢を複数お持ちの方にもおすすめです。

価格は、2022年7月時点では、amazonで¥555で販売されています。

口コミでは、

鉢用にピッタリの小粒サイズでネット入り

出典:amazon

粒が小さいので大き目の穴が開いている鉢でもフィットして土が漏れにくいです。

出典:amazon

と、粒が小さいことや、ネットに小分けされている点が好評です。

こちらからチェックしてみてくださいね。


11.花ごころ くり返し使える鉢底石 網袋入 800ml×4袋

続いては、根が入りにくい「鉢底石ネット」。

上でもご紹介した「花ごころ アミ袋鉢底ネット 10袋」と同じ花ごころから販売されています。

リボン状の繊維を編み込んで頑丈に作られています。

根が中に入りにくく、軽石に絡まる心配がありません。

破れにくく何度も洗えるため、長く使い続けられます。

価格は、2022年7月時点では、amazonで¥573で販売されています。

口コミでは、

さっと水洗いするだけで必要な量がそのまま使え、すぐに土の準備に取りかかれます。

出典:amazon

繰り返し使える上、そのまま鉢底に置けるので便利です。

出典:amazon

と、そのまま鉢底に敷けることや、さっと水洗いして使える点が好評です。

こちらからチェックしてみてくださいね。

12.SETOGAHARA ネットに入った鉢底石 500ml×6袋

最後は、計量不要で使える「鉢底石ネット」。

ネット入りで分包されているため、計量不要。

なおプランターの大きさに合わせて、量が調節しやすいです。

硬い素材で破れにくく、取り扱いやすいのも◎

1袋500ml入りで軽量のため、敷き込みも取り外しもスムーズ。

価格は、2022年7月時点では、amazonで¥1,300で販売されています。

こちらからチェックしてみてくださいね。



いかがでしたか。

好きなサイズにカットできるものや、網目が小さく害虫の侵入を防いでくれるもの、頑丈なネットで破れにくいものなど、さまざまな「鉢底石ネット」が展開されています。

また2022年7月時点では、セリアやダイソーなどの100均でも、ハサミで切ってサイズを調整できる「鉢底石ネット」が販売されています。

ぜひ、使い勝手のよい「鉢底石ネット」を見つけてみてくださいね。