お菓子とお土産品で、◎な体験を。

【関東編】47都道府県別!全国ご当地サイダー・7選

お菓子

全国のご当地サイダーをご紹介するコーナー【関東編】です。

茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県の7つの都道府県のご当地サイダーをピックアップいたしました。

好奇心をそそられるものばかり。ぜひパッケージにも注目してみてくださいね。

目次

  1. 【茨城県】茨城メロンサイダー 240ml
  2. 【栃木県】いちごのサイダーとちおとめ 300ml
  3. 【群馬県】キャベツサイダー 340ml
  4. 【埼玉県】大宮盆栽だー 335ml
  5. 【千葉県】八街生姜ジンジャーエール 250ml
  6. 【東京都】トーキョーサイダー 340ml
  7. 【神奈川県】横浜オリツルサイダー 340ml

スポンサードサーチ

1.【茨城県】茨城メロンサイダー 240ml

茨城県内で採れる厳選果物「鉾田市のメロン」を使ったご当地サイダー。ピューレ状にすりつぶした果汁が使用されているため、市販のメロンサイダーとは違い口の中にメロンの風味がブワー…と広がるのが特徴。姉妹品として、「常陸太田市のぶどう」を使用した〝茨城ぶどうサイダー〟も展開されています。

2.【栃木県】いちごのサイダーとちおとめ 300ml

いちごのサイダーとちおとめ 300ml(出典:楽天)

栃木県産とちおとめ苺を使用した、甘酸っぱいご当地サイダー。甘さ控えめでサッパリとしているため、幅広く好まれている商品です。リピート必須です。

スポンサードサーチ

3.【群馬県】キャベツサイダー 340ml

キャベツサイダー 340ml(出典:amazon)

甘さは控えめで、さわやかな群馬県のご当地サイダー。嬬恋産キャベツのエキスが入っており、飲み終えると野菜を感じさせるような風味がほんのり残るそう。味が気になりますよね…。2020年7月27日時点では、amazonではSOLDOUT。お求めの方は専用サイトで購入できるようです。

4.【埼玉県】大宮盆栽だー 335ml

大宮盆栽だー 335ml(出典:新井商店)

盆栽の松をイメージした大人のサイダー。「盆栽」ときくと味が想像できないですが、盆栽のように炭酸強めでチクチクするそう。ちなみに、原料に盆栽が使用されているわけではないようです。

スポンサードサーチ

5.【千葉県】八街生姜ジンジャーエール 250ml

八街生姜ジンジャーエール 250ml(出典:楽天)

八街市は、全国でも有数の生姜の生産地。八街生姜をたっぷり使い、さわやかな辛みのきいた、大人の味わいを実現。アルコールとの相性も良いそうです。ゆっくり逆さまにして軽く全体を混ぜてから、飲んでくださいね。

6.【東京都】トーキョーサイダー 340ml

1947年に産声をあげた、東京下町墨田区のシンボル地サイダー「トーキョーサイダー」。画像は、墨田区で幼少期を過ごされた漫画家・ちばてつや先生による「あしたのジョー」とのコラボレーションのパッケージ。amazonでは、12種の絵柄が描かれたセットが¥3,780で販売されています(2020年7月27日現在)。

スポンサードサーチ

7.【神奈川県】横濱オリツルサイダー 340ml

横濱オリツルサイダー 340ml(出典:amazon)

1901年の創業以来、日本におけるサイダー発祥の地ヨコハマに唯一残るサイダーメーカー「横浜坪井屋」。『オリツルサイダー』は、伝統的な製法で作り続けられている、淡い甘さとキレのある澄んだ味が特徴のご当地サイダー。レトロなパッケージにも注目です。

いかがでしたか?

「大宮盆栽だー」や「キャベツサイダー」のように、味の想像できない珍しいサイダーも…。神奈川や東京では、20世紀前半から続く老舗のレトロなサイダーが今も人気のようです。

気になったものがあれば、ぜひ手にとってみてくださいね。